白馬の小さな宿 ペンションあぎ 長野県北安曇郡白馬村エコーランド
  白馬の小さな ペンションあぎ


 
  HomeWhat's NewAlbumGalleryBlogSitemaphakuba.info Login  

        Menu


        オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが あぎあぎ通信(ブログ) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...



あぎあぎ通信(ブログ) - studioMさんのエントリ
 studioMさんのエントリ配信

2008/02/27
遠見尾根雪洞山行

執筆者: studioM (23:40)
Yガイド(ボス)が主催する雪洞山行のお供として、冬の遠見尾根に登ってきました。

最初の計画では2月24日入山、26日下山の2泊3日雪洞泊でしたが、23日から24日にかけて猛烈に発達した低気圧の影響で非常に強い冬型の気圧配置となったため、入山日を一日遅らせて25日入山の1泊2日に変更しました。

25日は前日の猛吹雪から一転して朝から快晴・無風の最高のコンディション。五竜テレキャビンに乗ってアルプス平まで行けば目の前に真っ白な白馬三山がお目見えし、すでにテンションはハイモード。綺麗に圧雪された斜面に登山靴の足跡を残しながらリフト乗り場まで歩き、リフトで地蔵の頭まで移動。アイゼンを装着したあと、本日の目的地である小遠見山を目指して、いよいよ登りの始まりです。

前日の積雪は40センチ以上。尾根に出るまでは相当なラッセルを覚悟してましたが、最初は意外に雪面が固くて、おそらく強風で雪が飛ばされたと喜んでいたのも束の間、樹林帯を登り始めればそこは深雪地帯。Yガイドと先頭を交代しながらラッセル行進がしばらく続きました。

尾根に出てからもパックされた雪面は少なく、ラッセルの連続です。途中、山スキーの人に余裕で抜かれました。やはり雪山での機動力はスキーにかないません。
二ノ背髪まで登ると雪面が固くしまってきたのでアイゼンを効かしながら歩き、お昼前に小遠見到着。本日の登りはここまで。このあと雪洞作りです。

雪洞は小遠見の南斜面に作りました。お客さんを含め総勢6人が入れる雪洞を2時間弱で作りあげ、シートを広げ荷物を入れたあとお湯を沸かし、まずはコーヒーで一服。そのあといろんなおつまみを食べながら山の話で盛り上がりました。

小遠見に到着した時には西側の北アルプスにガスがかかって何も見えなかったのですが、夕方に近づくにつれてそのガスがとれ、雪を抱いた五竜岳や鹿島槍ヶ岳が姿をあらわしました。ほかにも槍ヶ岳、餓鬼岳、常念岳、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、浅間山など周囲の山もよく見えるようになり、ここまで頑張って登ってきたかいがあったというものです。
その中でも五竜岳の勇姿はとても印象に残りました。(写真は小遠見から撮った五竜岳)

宵の口は星空が広がってましたが、夜半過ぎから天気が崩れはじめ、3時に目覚めた時には吹雪いてました。予想していたよりも天気の変化が早かったのですが、ある程度想定していたことでもありましたので、夜が明けてから早めに下山を開始しました。
下山時は吹雪いてましたが、視界はそれほど悪くなかったため、危なげなく無事に下山できました。

今回は1泊2日の短い山行でしたが、やっぱり冬山はいいですね〜。厳しさの中にもそれを越える美しさがあります。また機会があれば登ってみたいと思います。
studioMさんのブログを読む | コメント (5) | トラックバック数 (4) | 閲覧数 (6123)
このエントリのトラックバックURL
http://agiagi.com/modules/weblog/weblog-tb.php/184
このエントリが受けたトラックバック
This bronze cover -like fronts, garbled and also brutal <a href="http://www.moncleroutlet.com.tw/product-p-9......more
2014-11-09/07:59:48
That will be organic, low cost present your own <a href="http://www.natcat.org/index.php?option=com_community......more
2014-10-29/19:40:47
Iron world war time nodded an <a href="http://www.xz-hr.com/?action-viewcomment-itemid-280" target="......more
2014-10-24/19:34:34
いを上下に 右の感触は:ほとんどのゴルファは、彼らがそれぞれのクラブで打つどこまで知って <a href="http://w......more
2014-06-14/12:48:39
印刷用ページ 友達に送る
新しいコメント
アイコン
表題
コメント
 
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2008-2-29 12:31  更新日時: 2008-2-29 23:59
 皆さん気をつけましょう!
旦那が一人でスキーを楽しみにいきました。しかし滑っている最中におばさんとぶつかり相手は転倒し、眼鏡のフレームが曲がり眉毛の上を擦り傷し、その場は連絡の交換をして「たいした事ありませんから、眼鏡のフレームを直してほしい」との事。月曜日、今度は相手の旦那がしゃしゃり出てきて、病院に行ったら打撲で1週間と連絡がありました。また2日後、旦那が別の病院に行ったら薄利骨折で全治4週間と診断書をもってきました。当人同士の話し合いではないのに、相手の旦那が「私は見てたがあなたがぶつかってきた」と言われたそうですが、滑っている同士は過失は五分五分。うちの旦那がお互い様ですよね?と言うと「私はあなたが悪いと思う」。後ろからぶつかった場合は前にいき顔をぶつけるのに、おばさんは横に転倒してます。視界もかなり悪くだいぶ後ろにいた旦那は見たといっても遠目。
誠意を見せてるにもかかわらず、当人ではない人がしゃしゃり出てきて、眼鏡のフレームは金やらダイヤモンドが使われているといい。お金がほしいのか?とも思われる行動です。紳士的ではありませんよね?
皆さん他人事ではありませんよ!本当に家族の身になればノイローゼになりそうです。気をつけましょう。
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2008-3-11 15:40  更新日時: 2008-3-12 23:47
 Re: 皆さん気をつけましょう!
続きの話です。
しゃしゃり出た旦那に3/8に連絡しました。今度は眼鏡が20万かかると言い出した こちらは保険に入っていないから修理の半分払うと説明しても、眼鏡屋が保険で全額出ますと言われたらしい。でもこちらは7、8年前の眼鏡で当時レンズ4万フレーム11万で減価償却が7,8年あるから20万は払えないと説明したが、話は平行線
しまいには、旦那が訴訟起こすのであなたもそのつもりでと言われ、私はすぐ会社の部長に事情を説明し、会社の顧問弁護士を紹介してくださいと手を打った。しゃしゃり出た旦那は眼鏡屋に行きましょう!と言っていたが、冷静でなく、知識があるようでなく、よく66年間も生きてこれたなぁと思う。
是非スキー・スノボーをやられる方はスポーツ保険なりスキー保険に入っておきましょう!少しでも私どものような経験が少なくなればとも思います
ボイスレコーダーを買いました。相手との会話を録音して言ったいわないを防ぐためにも。
払わないのではなく正当な金額でしたらこちらも話しをききますがねぇ。人間は難しい生き物だ
                            
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2008-4-1 17:06  更新日時: 2008-4-1 17:10
 Re: 皆さん気をつけましょう!
続き:
あまりに無理難題を一人で勝手に言って、こちらの意見を言うと、話がころっと別な方向へいく。ボイスレコーダーで録音して聞いたが、まったく話になっていない。
今度は眼鏡のレンズ25,000円フレームが11万だから半分払って下さいって、こちらは減価償却があるし、現状復帰の修理代。滑っている以上お互い様だっていっても、向こうの旦那はあなたがぶつかってきたとか、慰謝料とかいってきた。全治4週間と診断されていてもう治っているはずが、明日から休業するから休業補償しろとまでいってきた。
こちらはもう話にならないが、相手はまず会って話し合いましょうといってきたが、どうしたものか?
こちらはそんなに払えませんよというと、馬鹿な事に警察に行って話すとまでいっていた。あきれたものだ。
今度は相手が連絡してくるらしい。訴訟の話を今度は持ちかけようと思う。3/8に訴訟起こすのでその準備をして下さいっていわれたから、弁護士の準備をしましたのでどうぞ訴訟を起こしてくださいっていって、こちらは訴状を見て連絡しますのでと
66年生きてきてこの人は人生無駄にしてるかな?
返信

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2008-2-29 22:06  更新日時: 2008-3-1 0:00
 羨ましい限りです。
お久しぶりです。昨年夏に白馬登山でお世話になった福島の菊地です。
「冬山を歩く」羨ましい限りです。実は昨年末、スノーシューを購入し、この冬こそ、冬景色の中を満喫しようと決意していましたが、実はまだ実現できずにいます。このまぶしいばかりの冬景色に刺激され、今度の休みは裏磐梯トレッキングと決意してしまいました。この夏も北アルプスに伺います。その節はよろしくお願いします。    菊地
返信

投稿者 スレッド
studioM
投稿日時: 2008-3-1 0:19  更新日時: 2008-3-1 0:19
管理人
登録日: 2005-12-9
居住地:
投稿数: 1550
 目指せ!北アルプス
菊池さん
大変ご無沙汰しております。福島もこの冬は寒いでしょうか。裏磐梯へはお弁当とビールを持って、真っ白な雪原の中をスノーシューで思いっきり楽しんできてください。
今夏も北アルプスが菊池さんを待ってます また一緒に登りましょう!
返信

ブログ カレンダー
«  «  2017 9月  »  »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新ブログエントリ
アーカイブ

(1) 2 3 4 ... 18 »

最近のイメージ
晩秋の白馬岳
 (2015/10/23)
ガイド終了
 (2015/10/19)
I LOVE NEPAL 支...
 (2015/06/28)
I LOVE NEPAL 募...
 (2015/06/18)

最近のコメント
明けまして、、
ゲスト (2014/01/09)
最近のトラックバック