白馬の小さな宿 ペンションあぎ 長野県北安曇郡白馬村エコーランド
  白馬の小さな ペンションあぎ


 
  HomeWhat's NewAlbumGalleryBlogSitemaphakuba.info Login  

        Menu


        オンライン状況
11 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが あぎあぎ通信(ブログ) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 11

もっと...



あぎあぎ通信(ブログ) - studioMさんのエントリ
 studioMさんのエントリ配信

2008/03/09
チームあぎ

執筆者: studioM (21:30)
八方尾根スキー場で行われるリーゼンスラローム大会。今年は「チームあぎ」として、常連のお客さんと一緒に総勢5名でエントリーしました。

大会当日は朝から雪が降るあいにくの天気。当初予定されていたタイムスケジュールに従ってスタート地点に集まったものの、ゲレンデ上部は濃いガスで視界不良のためたびたびレースが中断されました。スキー大会ではよくあることなのですが、レースに慣れてない私達はスタート地点で順番がくるのをただただ待つだけでした。

前回までは普通のスキーウェアを着て滑ってましたが、今回はいつもレースに出場しているOさんからレーシングスーツを譲っていただきましたので、格好だけはレーサーっぽくなりました。問題はヘルメット。競技用のものを持っていないため、仕方なくクライミングで使ってるヘルメットを着用しましたが、これが実に不釣り合いで、チームあぎの仲間からは爆笑。レーシングスーツにニット帽よりはマシ、と自分をなぐさめ、周りからの視線を気にしながらスタートハウスに向かいました。

スタートの順番がきた時もあたりは濃いガスに包まれていて、二旗門目がほとんど見えない状態。スタートを知らせる電子音が聞こえてきたので、気持ちを落ち着かせ、ピッ、ピッ、ピッ、ピーの合図とともにスタート!ゴールの名木山目指して滑り始めました。

コースは思っていた以上に荒れていて、板がはねられるのを押さえつけながら、旗門をひとつひとつクリアしていきました。うすばからは斜度が変化して急斜面になります。スタート前一番不安だったのは、うすばの急斜面でスピードに対応できるか、でした。
レーシングスーツは空気抵抗が少ない分だけスピードが出ます。しかもレースで着るのはこれが初めて。どれだけスピードが出るかわからないので、やや慎重にうすばに突っ込みました。結果的には先の旗門を見るぐらいの余裕がありましたが、でもそれ以上のスピードで滑ったとするとおそらく破綻したかもしれません。

その後名木山の斜面を滑り降りて、無事ゴール。私のあとにもチームあぎのメンバーが次々にゴールしました。全員完走。滑りきった充実感と心地良い足の疲れを残しながら、それぞれが満足のいくレースだったと思います。

今回は「チームあぎ」として仲間5人で出場することができ、とても楽しい大会になりました。これからも「チームあぎ」で出場を続けていきたいと思いますので、競技歴のある人・ない人誰でもOK!一緒に大会に参加しましょう。
studioMさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (3335)
このエントリのトラックバックURL
http://agiagi.com/modules/weblog/weblog-tb.php/185
印刷用ページ 友達に送る
新しいコメント
アイコン
表題
コメント
 
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ブログ カレンダー
«  «  2018 9月  »  »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最新ブログエントリ
アーカイブ

(1) 2 3 4 ... 18 »

最近のイメージ
晩秋の白馬岳
 (2015/10/23)
ガイド終了
 (2015/10/19)
I LOVE NEPAL 支...
 (2015/06/28)
I LOVE NEPAL 募...
 (2015/06/18)

最近のコメント
明けまして、、
ゲスト (2014/01/09)
最近のトラックバック