白馬の小さな ペンションあぎ

水晶岳一人旅

投稿日時 2006-8-26 23:40:00
執筆者 studioM
今日は久々の単独山行で、次回ガイド予定の裏銀座・水晶岳の下見である。ほんとは1泊2日でゆっくりと下見をする予定だったが、他にいろいろと予定が入ってしまい、結局今日一日しか時間がとれなくなってしまった。ということで、水晶岳日帰り登山です。
---UnderThisSeparatorIsLatterHalf---
4:30あぎ出発。5:10七倉着。土曜日ということもあって、既に30台以上車が停まっていた。高瀬ダム行きのタクシーは6:30にならないと七倉ゲートを通過できないので、仕方なくここから歩き始めることになった。

急登のブナ立尾根を登り、烏帽子小屋を過ぎて三ツ岳を越えたあたりから、目的とする水晶岳が見えてきた。こちらから見る水晶岳は実に美しい。さすが百名山のことだけはある。

真砂岳の分岐で下山しようか迷ったが、まだ時間も早かったので、水晶岳まで頑張ることにした。真砂岳手前の野口五郎小屋、水晶小屋で宿泊予定日の予約状況を確認し、駆け足で水晶岳へ。七倉から7時間30分で水晶岳到着。水晶岳山頂からは眼下に雲の平が見え、遠くに黒部五郎岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳を雲の隙間から確認。

水晶小屋に戻り、あまりにもお腹がすいたので、カップラーメンを注文。400円なり。残りの食料はおにぎり1コとお菓子だけだ。
下りは竹村新道を歩くことにした。このルートは歩いたことがなかったので、一度歩いておこうと思った。全般的に歩行者が少ないせいか道がよいとは言えず、けっこう苦労して下山した。行けども行けどもなかなか湯俣に着かず、高度計を何度も確認しながら忍耐の下山が続いた。

17:10ようやく晴嵐荘に下山。ここから先は何度も歩いたことがある道なので、ちょっと安心する。そこからは水平道をひたすら歩き続けた。高瀬ダムに着く頃にはすっかり日が沈んでしまい、タクシーの営業時間も終わっていたので、ここも仕方なしに七倉まで、ヘッドライトをつけて歩き続けた。

20:05七倉駐車場着。いや〜実に長い一日だった。約15時間も歩いた。疲れた。たぶんもう二度と同じことはしないと思う。真似する人はいないと思うが、参考までに通過記録を書いておきます。暇な人はコースタイムと見比べてみてください。さらに暇な人は、全長何キロあるのか教えてください。

  5:15 七倉駐車場
  6:05 高瀬ダム
  8:30 烏帽子小屋
 10:30 野口五郎小屋
 10:50 野口五郎岳
 12:25 水晶小屋
 12:45 水晶岳
 13:15 水晶小屋
 14:25 真砂岳分岐
 17:10 晴嵐荘
 19:05 高瀬ダム
 20:05 七倉駐車場




白馬の小さな ペンションあぎにて更に多くのブログを読むことができます。
https://agiagi.com

このブログのURL
https://agiagi.com/modules/weblog/details.php?blog_id=63