白馬の小さな宿 ペンションあぎ 長野県北安曇郡白馬村エコーランド
  白馬の小さな ペンションあぎ


 
  HomeWhat's NewAlbumGalleryBlogSitemaphakuba.info Login  

        Menu


        オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが あぎあぎ通信(ブログ) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...



あぎあぎ通信(ブログ) - studioMさんのエントリ
 studioMさんのエントリ配信

2006/08/22
唐松岳日帰り登山

執筆者: studioM (22:20)
昨日に引き続き、静岡県の団体さんのご案内。今日は唐松岳日帰りなので、かなりハードです。八方ゴンドラ駅で顔合わせをしましたが、以前ご案内させていただいた方が数名いて、しばし談笑。お天気は今のところ晴れだが、夕立がちょっと心配だ。

八方のゴンドラは先日から始発時間が30分遅くなり、7時30分にゴンドラ乗車。唐松岳日帰りで30分の遅れは痛い。八方池山荘でトイレを済ませたあと、各班ごとに出発する。

登り始めた時は白馬三山がよく見えていたが、それは最初の15分ほどで、あとはガスに包まれて真っ白けで何も見えず。唐松山荘直前で雷の音が聞こえ、山荘に到着した時には雨が降り始めた。予想していたより早い雨だったが、カッパを着てから唐松岳山頂を往復し、雨の中でおにぎりを食べて、早々に下山開始。

下山を開始してしばらくしてから雨があがったので、カッパを脱いで、あとは時計を見ながら時間との勝負。とはいえ早足で下山できるようなメンバーではないので、全体の様子を見ながらの案内となる。
歩きながら、リフトに間に合わなかったら八方池山荘宿泊?それとも黒菱まで迎えにきてもらう?まさか歩いて麓まで降りるなんてことないよな〜、などいろいろ考えていた。八方池到着時点で、リフト最終時間まであと1時間ちょっと。ギリギリ間に合うか〜と思っていたが、ほんとにギリギリのリフト営業終了5分前になんとか八方池山荘到着。

最高齢75歳の方もいた、今回の唐松岳日帰り登山。ハードな行程でしたが、皆さんよく歩いてくれました。途中雨にもあたりましたが、唐松岳に登れた達成感で、参加者の方には喜んでもらえたと思います。また来年お逢いしましょう!
studioMさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (5706)
このエントリのトラックバックURL
https://agiagi.com/modules/weblog/weblog-tb.php/60
印刷用ページ 友達に送る
新しいコメント
アイコン
表題
コメント
 
 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

ブログ カレンダー
«  «  2021 6月  »  »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

最新ブログエントリ
アーカイブ

(1) 2 3 4 ... 18 »

最近のイメージ

最近のコメント
はじめまして
ゲスト (2019/08/17)
最近のトラックバック